TOP > ロータリー

ロータリー

トラクター メーカー別 


ヤンマー

三菱





Yahoo Shopping
トラクター パーツ 


タイヤ

バッテリー



Yahoo Shopping
その他 農機具 



ロータリーと爪

トラクターの後部に取り付けるロータリーとは、畑を耕したり、水田の代掻き作業までこなしてしまう機械のことです。

畑を耕したり、水田の代掻きをしたりする農作業は、農作物や稲を育てる上で、農業の基礎的な部分ですからトラクターのロータリーは農家の方にとっては作業の要となるような機械ですね。

ですから、ロータリーを造るメーカーの方も農家の方々にヒヤリングをしながら改良していく努力をしているようです。

ロータリーのが回転して畑の土を細かく砕く訳ですが、実は、傍から見ていると、ただ、単に土を耕しているだけに見える作業も、畑の土を耕す時は、畑の土の湿り気の度合いが、かなり影響するんですよ。

土が湿りすぎてもダメで、乾きすぎてもダメ、土が上手く砕けないのです。ですから、土が適度な湿り気を持つ時にロータリーをかけると上手に畑が耕せるのです。

このような、農作業にとっては、とても重要な機械ですが、畑や水田など、いろいろな条件のところで使用されるため、傷みが早い作業機でもあります。

爪の先端が磨耗して半分以上減っていたら交換しましょうね。そして、爪の交換も大切ですが、ボルトにも気を配りましょう。

ボルトの締りが悪くなっていると爪軸ブラケットと耕うん爪にガタが出てきてロータリーの寿命が短くなってしまいます。爪の交換と同時にボルトの交換もやっておきましょうね。