TOP > 日の本

日の本

トラクター メーカー別 


ヤンマー

三菱





Yahoo Shopping
トラクター パーツ 


タイヤ

バッテリー



Yahoo Shopping
その他 農機具 



「日の本」と「東洋社」「日立建機ティエラ」

日の本のトラクターはほんとに良い農業機械でしたね。整備や修理がやりやすかったです。

これってSimple is the best!ってことでしょうね。故障しても簡単に修理できるのなら、故障が少ないけれど修理しにくい機械と同レベルで優秀ってことですかね。(笑い)

けっこう、日の本のファンは多かったはずです。いまでも、中古の販売なんかで見かけることもあります。

昔、熊本県で田村伝蔵さんが長床犂(すき)を製造・販売し始めたのが、東洋社の基礎となり、1928年に社名を「東洋社」とし、犂を「日の本号」と命名することとなりました。

これが東洋社の始まりです。二段耕犂を発明したり、1959年には小型トラクターを発明したり、1966年には愛知機械より農発エンジン部門買収すると同時にエンジンの自社生産を始めたりとけっこう頑張っていたんですね。

東洋社は、日の本トラクターなどで知られたの中堅農業機械関連メーカーでしたが、1990年に日立建機(株)が経営権を継承し・・・つまり、買収されて・・・社名を日立建機ティエラに変更しています。

日立建機ティエラは日の本トラクターの長所である基本性能の「小型で高出力、かつ、扱いやすい農機具」を継承しつつ、日立による特別装備を加えた日立オリジナルトラクターCTX、NTXなどを現在、販売しています。