トラクター メーカー別 


ヤンマー

三菱





Yahoo Shopping
トラクター パーツ 


タイヤ

バッテリー



Yahoo Shopping
その他 農機具 



 TOP > トラクター > 運転・操作(使い方)

運転・操作(使い方)

トラクターの運転・操作の仕方ですが、なにより正しい乗り方、使い方をすることが大切ですね。

乗用の普通自動車でもそうですが、交通ルールを守る、整備点検をきちんとやる等、正しい乗り方をしないと事故が起こるのと同様に、トラクターの使い方も正しく行わないと思わぬ事故を引き起こします。

自分の身を守るためだと思って正しいトラクターの運転、操作を覚えてくださいね。

トラクターに乗車する前には、トラクターの各部の点検を行いましょう。特にタイヤの空気圧やクラッチ関連などはバッチリ整備・点検していないと高速走行時に事故が起こる可能性もあります。

田畑などで耕運作業などをする場合には、ブレーキ連結板を外して旋回する側のブレーキを踏んで旋回する(ブレーキ連結板を外さずに連結したままだと大回りになり易い)のですが、作業前や作業後の路上を走行する場合には、必ずブレーキは左右連結にしておきましょうね。

これは、作業を終えてうっかりブレーキ連結板を外したまま帰路につくケースでブレーキをかけて片ブレーキとなり横転する事故が意外と多く発生しているためです。

トラクターが横転してその下敷きになれば、死亡事故にもなりかねませんので十分に注意してください。シトベルトも必ず着けるようにしなければいけませんね。

作業中に上げたロータリーが降りなくなった場合に点検する場合は、直接、指や手をロータリーに持っていくのではなくデレッキなどの棒を使うようにした方がより安全です。

突然、ロータリーが降りてきたら怪我してしまいます。トラクターは、あくまで機械ですので、故障の点検をする際にも、常に「もしも」のことを考えながら、危険予知を習慣として作業する癖をつけないと事故が起こった場合には、生身の人間は体が幾つあっても足りませんし、命を失うことさえあります。

トラクターの整備・点検をきちんと行う、シートベルトと着ける、安全フレームや、安全キャビンを装着する、上ったロータリーの下に体を持っていかない・・・などなど危険予知を習慣としていれば、もし、事故が起こった場合でも軽めの怪我に留まるケースも多いと思われます。

皆さん、「もしも」のことを考えながら、危険予知を習慣として作業する癖をつけましょうね。